FC2ブログ

おもしろ水中世界


12月某日の大瀬崎
生憎の曇り空が思いがけない水中世界を見せてくれました

蛍光発光ヤドカリ
<曇天で薄暗い日中の大瀬崎>

ヤドカリなのですが、貝の両端からオレンジ色の糸の様なモノがピロロロ~~ しかも鮮やかな蛍光色なのです。
実は、UV光に反応した蛍光発光
写真の写りが青被りしていますので腕を磨く必要はあります

蛍光発光はUV光に反応します。

uv1.jpg

白色光で見ると・・・

uv2.jpg

サンゴ系や甲殻類などで発光を確認できます。
大瀬崎でも数多くの発光体を発見する事ができますよ~

ライトにフィルターを付けて楽しむ場合はマスク側にもオレンジフィルターが必要です。
(アンバーレンズ装着のマスクはフィルター不要です)

オールマイティなライトは・・・

galaxy2_2019121214113625c.jpg

手のひらサイズでUV光・赤色光・ワイド光・スポット光・ストロボ光・SOS光等がボタン一つで変えられるギャラクシーⅡ.
YUKIさん愛用のライトですから、海にお出掛けの際はご覧になってください。
勿論、UV光ですからマスク側にフィルターは不要です。
(UV光と青色光は違う光源です)

大瀬崎の海で新発見のダイブをしましょう


初使用!


先週末、久々に沼津を訪れてくれたMCさん

リングライト

初使用のカメラ&リングライトの使い方を覚える為に一生懸命でした このリングライト、赤で迫って白が発光する優れモノなのです。 ハゼ系には最強のストロボ発光でマクロ系なら通常点灯でOK しかもワイド系にも対応してくれるので、このシステム一式で十分水中を楽しむ事が出来ます

この日の被写体は・・・

ガラスハゼ

バックを潰してガラスハゼ

ムチカラマツエビ

殆ど同化しているムチカラマツエビ

ネジW

ネジリンボウW その他でした。

ライト派、ストロボ派、ノーマル派
被写体を狙うシステムも十人十色
出っ張らず持ち運びが良く、さまざまな条件に対応してくれるリングライト3018
2019年jimまるとく推奨品の一つです。


金曜日の大瀬崎


4日振りのブログ更新です
先週金曜日の大瀬崎、
曇り空ながら風も無く穏やかな1日でした

今年は2度の台風で中途引き上げとなったKTさん。

new dry

最新ドライスーツの進水日となりました
その柔らかさと暖かさ、機能性に納得いただけたようです

水中では・・・

イロウミウシの仲間

出始めましたウミウシ系、やっと季節も動き出したようです

偶然にも・・・

セミホウボウyg

チビです
可愛いーーーとしか言いようの無いセミホウボウのyg
とにかく動き回りますから、会えたのは運です

撮り方で雰囲気も変わります。

いばらたつ

イバラ君
写真って、本当に面白いですね。
忠実な写真表現にするか?アートにするか?
個性を発揮してください 楽しんでください

でも、マナーは守りましょうね~


見慣れた生物から・・・。


レアな生物に遭遇するのは興奮しますが、自分で発見し易い生物を写すことから始めるのが上達のポイント

あちこちで見られますが・・・

クサハゼ1

なかなか美形のクサハゼ
色合いも美しい個体ですが殺気を感じると素早く引っ込みます。

こちらはオニハゼ

オニハゼ1

比較的のんびりしていて、接近戦にも対応。
十分遊び相手になります。

水底から少し浮き上がった位置を好むクロイトハゼ

クロイトハゼ1

ピンでいる事が少なく、いろんなアングルで狙えます。

棲息域を知っていれば・・・

ゼブラガニ1

写真に撮り易いゼブラガ二
浅場で遭遇する事が多いかもです。

例年11月にはウミウシ系が増えてくるのですが、今年は水温が高く少々遅れております。でも、ウミウシの餌は少し出始めていますので間もなくかな~

小さな生物はダイバーの足下に生きています。

巻上見本1

今一度、ご自分の通った後を振り返って見てください。
巻き上げない!引きずらない!蹴散らさない
皆で楽しく潜ろう運動 推進中で~す


遅れてます~ッ!その②


流行語に入ってほしかったのは・・・、50年に一度
昨日も予想以上の雨・風・雷となった沼津
本日は快晴・ポッカポカの陽気となっておりますが、季節の移り変わりは明らかに遅れております。

さて、今時の大瀬崎では・・・

ハナオトメ1

ハナオトメウミウシの小さな個体が見れます。
通常8㎝前後のモノは見かけますが、この子は2㎝程でキュートな感じです。

少々マニアックですが・・・

フタスジウミシダコシオリエビ1

フタスジウミシダコシオリエビ しかもペアで。
ウミシダ色に同化していますので、気配で探してください。
決してウミシダに危害を与えないようにお願いいたします。

コシオリエビって・・・

コシオリエビ仲間

とても種類が多く、名前も覚えきれません。
ただ、コシオリエビの仲間で有る事は姿で分かります。

シャッターチャンスが勝負・・・

ノコギリヨウジ1

撮りたくても動きが早いと思うようにいかないのが写真です。
そこで1ポイント

トリム1

撮りたいシーンに遭遇したら・・・
①生物に気付かれない距離で撮る角度や方向を決めます。
②設定モードを決めます。
③撮影範囲に入り、素早くシャッターを切ります。
④他の人の為に素早く静かに立ち去ります。

巻き上げない!引きずらない!蹴散らさない!
皆で楽しく潜ろう運動 推進中で~す。



プロフィール

jimまるとく

Author:jimまるとく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ