fc2ブログ

だれ・・・?


天気も徐々に下り坂、気温も乱高下を繰り返す今日この頃

本日は見方を変えると思わず笑ってしまう水中世界をご紹介

だれ・・・

0127ウミテング3

滅多に狙わない角度から写してみました。

正解は・・・

0127ウミテング2

ウミテング、何とも不思議な感じです。

この子は・・・

0128オキナワベニハゼ1

長い髪の毛の子が逆立ちしている様に見えます。

正解は・・・

0128オキナワベニハゼ2

岩陰を好むオキナワベニハゼ

環境に合わせてお色直しが得意な水中生物たち

出会いを楽しむ方法は沢山あります。

いよいよ2月、魅惑の季節がやって来ます



週末の大瀬崎


風も無く海穏やかな週末の大瀬崎、大勢のダイバーで水陸共に大賑わいでした。

個人的に・・・

0127ミノカサゴ①

青の世界に包まれて浮遊する感覚が大好きな私です。

クマドリカエルアンコウ

0123クマドリカエルアンコウ1

浅場の岩陰に目を凝らす事無く観察できるサイズ

とは言え、海藻に埋もれ逆さまに着いていますので注意深くそ~っと覗いてください。

オオモンカエルアンコウ

0122オオモンカエルアンコウ①

水底の砂粒の大きさからこの子の大きさは想像してください。

体長1㎝程度、小さくても頭部に立派な角状の突起がオオモンの証です。

スーパーマクロ・フルサイズ設定で狙っていますので肌感も写せます。

湾内をゆっくり流しのダイブをしてみましょう。

大小取り混ぜ多くのカエルアンコウと出会えるのも今時の大瀬崎

私達は自分で生物を探す楽しみを身に付ける為のお手伝いをしております。

早目のご予約はプライベート感覚で潜れるお席を手にする事ができます



なにより・・・。


私達にとって週明け一番に優先される作業は何と言っても器材洗いと水切り

この作業、手を抜くと後悔する結果となってしまうのです。

本日は・・・

0129器材1

陽射したっぷり風も無く好条件

何時もより・・・

0129器材2

風が強く外干し時間の短かった先週のバックマウント器材も追い干し

空気は乾燥していても気温が低い冬場は仕上がりに日数を要します。

特にドライスーツは可能な限り風を通す必要があります。

少しでも器材を長持ちさせる方法はーっ

日頃のお手入れと保管方法次第って事でしょうね



楽園・・・


風も無く穏やかに晴れ渡る沼津、絶好の器材洗浄日となりました。

今が最盛期、お好みの個体を探して選んでお楽しみください。

大き目・・・

0123ツノザヤウミウシ1

小さ目・・・

0122カンナツノザヤ①

固有・・・

0122アオウミウシ1

出始め・・・

0121コノハミドリガイ1

ウミウシたちには丁度いい水温、個体数も多く楽園状態となっております

水底を擦らず、ゆっくり流しのダイブで出会う楽しさを味わってください。

勿論、ライトは必需品ですよ~

もう直ぐ2月、海本番の大瀬崎ダイブご希望の皆様は早目に挙手願います

ブログ更新は週明けの こ・こ・ろ で~ス



外は・・・


青空は戻って来たものの強風、外海は大時化となった平日の大瀬崎

0123大瀬崎展望台1

そんな風と汐は時に不思議な生物を運んで来てくれます。

なんだ・・・

0121ボーズニラ①

ボウズニラ、頭の部分にガスを溜めて浮力を調整するクラゲの一種の様です。

動きの変化が激しく思わず見入ってしまいました。

こちらは・・・

0121イソギンチャク幼体1

イソギンチャクの幼体(多分)の様に思われます。

華やかな色合いで花が咲く様に開いたり閉じたりします。

久々・・・

0121ゼブラガ二1

この季節に出会う事が珍しいかもしれないゼブラガニ

ゼブラガニ本体も子供の様で綺麗な個体でした。

風と汐が運んで来てくれる不思議な出会いと体験は今時の大瀬崎ならではの水中世界

寒いのに海なんてー、そんな声も聞こえそうですが・・・

実は水中の方が温かいんですよ



今年も・・・


海洋続で久々のブログ更新となりました

気が付けば・・・

0122河津桜2

大瀬崎へ向かう海街道、今年も勝手に開花宣言で~す

勿論・・・

0123アキアナゴ2

今潜らないで何時潜るの

って言いたいぐらい青く抜け抜けな水中世界なのです。

話題は・・・

0122ゲッコウスズメダイ1

潜れる深度で出会う事は殆ど無いゲッコウスズメダイ

大瀬崎湾内に登場しております。

チャレンジ・・・

0122ゲッコウミジン③

離れて暮らしていたミジンベニハゼと現在同居中

なのですがーッ、1コマに取り入れるのが至難の業

ゲッコウの下に居るのですが良く分からない撮り方をしてしまいました

この1コマの為に殆ど1ダイブ、挑戦者を募集します

深度・潜り方のコツはブリーフィングで・・・

潜っているだけで気持ちの良い青の世界、ご一緒しましょう



運試し・・・。


水中をゆっくり移動しているとチャンスは平等に、しかも突然やって来る事があります。

マトウダイに出会えたら海も本番、全体を見渡せる様な深度で移動しましょう。

発見・・・

0228キアンコウ①

いましたキアンコウ、アンコウとの見極めは胴体部分の長さが早いかも?

砂地で周囲と一体化しています。刺激しない様少し離れて静かに着底しましょう。

うそーっ・・・

620サカタザメ3

デカーって思わず声が出そうな出会い、縁取り以外は殆ど水底と同じ色合いです。

ジンベイもクジラもマンタもマンボウも出る海ですから数潜っていたら驚きの出会いはきっと訪れます。

さすが・・・

0122カミナリイカ①

目の前にいても気が付か無い程周囲に溶け込んでいるカミナリイカ

大きさは小型のコブシメ程度、体表にリップマークが出始めたら周囲の気配を感じて立ち去る準備に入った証

いつ何処でどんな生物と出会えるか

楽しみいっぱいな水中世界、どんな時でも慌てず騒がず静かに見守りましょう。

混雑予想も出ている冬の大瀬崎です。

2月のダイビング、ご希望日は早目にお申し付けください



お早めに・・・。


多種多彩な生物との出会いを求めて訪れるダイバーの多い大瀬崎

風が吹こうが寒かろうが浜辺は笑い声でいっぱいなのです。

ならでは・・・

0107まるとく①

透視度が良好なシーズンだからご案内できるエリアがあります。

待ってました・・・

430イッテンアカタチ2

ちょっと深場で砂泥域を好むインドアカタチやイッテンアカタチ

ライトマンの私が誘い出しますのでゆっくりご堪能ください。

傍らで・・・

410アヤトリカクレエビ1

擬態していますのでじっくり探してみましょうアヤトリカクレエビ

ライトに敏感ですから内蔵ストロボ一発勝負でお願いいたします。

帰り道・・・

0109ミホノハゴロモハゼ③

眼の縁取りが黒くブルーのグラデーションが美しいミホノハゴロモハゼ

クサハゼで接近方法を練習してから狙うと確実に写せます。

土砂災害から月日も経過、かなり水底も落ち着いて来ました。

2月から該当エリアへのダイブを技量に合わせてご案内させていただきます。

ご希望の皆様、早目の挙手でお席の確保にご協力ください





はじまり・・・。


コロナ感染症5類移行から8ヶ月が経過
まだまだ油断は出来ませんが状況を見極めながら始まる新サービス

リクエストにお応えして私達も温暖ダイブをお届けする為に本日より行動開始

ドライスーツ

04224dドライ1
<最強・最新 4Dimensions Drysuits>

mobbys name
<デザイン豊富なMobby's Drysuits>

お出掛け採寸サービスは皆様がお越しいただく面倒な手間を省く為

ご希望の日時にご希望の場所(エリア限定)へお邪魔いたします。

さらに・・・

HEAT VEST1

薄手のインナーでも暖かく潜る事ができるドライスーツ専用ヒートベスト

ホームダイブではレンタル(サイズあり)も可能です。

生物豊富な冬の水中世界をお楽しみください。

国内ダイビングでは一年を通して大半のシーズン活躍するドライスーツ

このチャンスをお見逃しなく

詳しくは お電話又は メールにてお問合せください。



来るぞーっ!


朝から穏やかな陽射しに包まれた本日の沼津

感動の出会いはこの季節ならではの風が運んで来てくれます。

息を・・・

リュウグウノツカイ01

リュウグウノツカイ

実際に出会うと殆どのダイバーが無言、声も出ず呼吸も動きも静かになります。

予感・・・

はなびらうお5

その日の海況・風向きで出会える予感のするハナビラウオ

そのスケルトンな個体に取り付かれますがクラゲの傘や触手に注意しましょう。

液晶画面だけを見て接近したらアウトです。

珍客・・・

クサアジ1

漂っている様に見えますが泳ぎ出したら見失ってしまうクサアジ

図鑑では見れてもライブで出会う事は少ない貴重な個体です。

駿河湾の深海から大瀬崎湾内に姿を見せる冬の生物たち

出会うか否かは運次第、確率を高める為には頻繁に潜るしかありません

ダイバー冥利に尽きる感動の出会いは近場の大瀬崎にあります。



嬉しい。


少々風は出たものの気温も高目、ダイビングには問題の無い週末の大瀬崎でした。

そんな中、遊びに来てくれたKOさんからのプレゼント

位置が・・・

0107ko②

ナント私達が後に付い行く「アンタが大将 🎵 ダイブ」で楽しませていただきました。

ツノザヤ系は勿論ですが、今回はカエルアンコウを探せダイブ

チビッ子・・・

0106オオモンカエルアンコウ2

目の前に居ても藻や岩の陰に入られると探すのが一苦労なオオモンカエルアンコウ

デカい・・・

0106オオモンカエルアンコウ1

逆に大き過ぎて目に入り難いオオモンカエルアンコウ、棲んでいた環境に合わせて擬態したんでしょうね~、因みに正面顔です。

大きくても小さくてもオオモン、身体のサイズで名が付いている訳では無いのです。

ついでに・・・

0106イロカエルアンコウ幼体1

少々深場なのですがイロカエルアンコウの幼体、未だ目も透けています。

道先案内をしてくれたKOさん、ありがとうございました。

私、個人的にも何回目かの成人の日記念ダイブとなりました

早くも週末、ブログ更新は週明けの こ・こ・ろ で~す。



成人の日


前日までの風も止み、穏やかな一日となった成人の日

ウミウシ大好きなYSさんのリクエストにお応えしてのダイビング

いました~・・・

0108オオアリモウミウシ①

今が旬なオオアリモウミウシ

玉虫色に包まれた複雑な色合いはライティングにより写り方も変わります。

恋の季節・・・

0108ヒロウミウシ②

ノーマークなエリアで出会ったヒロウミウシ、高密着な状態で位置関係も良く分かりません。

今が・・・

0107カンナツノザヤウミウシ①

ツノザヤ系ウミウシの個体数は豊富ですが、成長が早く大きくなり始めました。

お気に入りのサイズを探してじっくり観察できるのも今の内

潜るエリアは風向き次第となりますが潜水不可能となる事が殆ど無い湾内ダイブ

透視度も良好な日々が続いております。

思い立ったらーーーっ、即ご連絡をください



速報!


大瀬崎の水中世界より今が大チャンスなご報告です。

理解する為に・・・

0108フィコカリスシムランス4

海藻の先に辿り着いた一瞬、画面左側が頭部で白い点が目、尾っぽと言うかお尻を突き上げています。

この子の名前はフィコカリス シムランス(モエビ科)

体長は2~3㎜、体色は周囲の環境に同化します。

僅かな流れに乗って跳ね回るので見付けたら一瞬たりとも目が離せない可愛いモエビなのです。

海藻にまみれて・・・

0108フィコカリスシムランス1

じっとしていないので狙って撮ってもピントが合いにくく、雰囲気だけの証拠写真ですが我慢してください。

驚きは・・・

0108シムランス抱卵2

ちょっとトリミングして見ました。

ななナントーーーっ、卵を抱いています。

良く分かんな~い

ですよネ、撮ってる私達も後で気が付いて興奮しましたから

問題はここから、生息域と発見方法を身に付けてしまった私達

至急でチャレンジャーを募集いたします

フィコカリス シムランスも驚きですが抱卵している姿に出会えるチャンスは滅多にありません

今直ぐお越しください



2024P/book①


2024年も早5日、新春を迎える私達の恒例行事も昨日無事終了いたしました。

新年初のブログは年末年始恒例ゆく年くる年ダイブの中から

Picture book(絵本)風味な水中世界をご紹介いたします。

これぞ日本・・・

0101富士山①

日々変化、同じ姿を見せる事の無い富士山は潜っていても大切な道標なのです。

UFO・・・

0102ufo1.jpg

この時季ならでは、エボシクラゲも姿を見せ始めました。

この子に出会えたら海も本番、後は風次第で深海系浮遊生物の登場も期待できます。

小さい・・・

0102ツノザヤウミウシ③

コケムシの穂先にちょこんと乗っかっているのはツノザヤウミウシのラインバージョン

穂先がどれ程の大きさかご存知の皆様なら想像が付くサイズと思われます。

こちらも・・・

0102カンナツノザヤウミウシ①

個体色から発見は早いのですがーっ、何とも小さいカンナツノザヤウミウシ

良~く見ると同じコケムシに別種のツノザヤ達が複数棲息している事もあります。

撮り方・捉え方一つで絵本の様なシーンも手に入れられる今時の大瀬崎

冬は寒くてーッ、何て言っていたら一生出会う事の無い水中世界は今広がっております。

思い切って外へ・海へ、アウトドアな一日を一緒に楽しみましょう

ブログの次回更新は休日明けの予定となります。



初春


2024年 元旦

明けましておめでとうございます

2024元旦1

大瀬神社の初詣に始まる私達より新年のご挨拶をさせていただきます。

今年もよろしくお願い申し上げます



プロフィール

jimまるとく

Author:jimまるとく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR